十三参りは、旧暦の3月13日(現在では月遅れで新暦の
4月13日)の間、数え年13歳になった少年少女が元服を
迎え大人になったことを感謝して、之から先の万物の福徳と
英知を授かるために、虚空蔵菩薩に参拝する行事。
それで別名を知恵参り、または知恵もらいとも言う

能満山徳与寺

初めて大人の寸法の晴着を着るが、事前に肩上げ
をしておいて、着用する。帰宅するとすぐに解く。
必ずしも晴着でなくてもいい


半紙に自分が大切にしている漢字一文字を毛筆で
したため供え、ご祈祷を受けて、帰りにはお守り
お供えものを頂いて帰り親に感謝を述べる。お守りは
身につけるようにする。

にて行われました

高野山 真言宗

岡山の十三詣り 平成22年4月4日(日)

参拝の帰路、本殿を出た後、後ろを振り返ると
せっかく授かった知恵を返さなければならないと
いう言伝えがあって、鳥居または門をくぐるまで
後を振りかえってはいけないといふ、風習がある。